葬儀を主宰する際に必要なこととは

葬儀を主宰する際に必要なこととは 社会人になってつきあいの幅が広がると、お通夜や葬儀に参列する機会も多くなります。参列する側の場合は、基本的なマナーさえ知っていれば特に困ることはないので、特に意識することなくさまざまな葬儀場におもむいているという方がほとんどでしょう。しかし、自分が喪主や親族の立場になって儀式を執行する側となると、わからないことが多くあって困るものです。結婚式などのお祝い事のセレモニーは、事前に時間をかけてプランを練って十分な準備をすることができます。そのため、式や披露宴に参加する方のおもてなしは十分に配慮しながら計画的にその日を迎えることができるでしょう。

しかし葬儀は、たとえ故人が余命間もないと診断された病気で床に伏していたとしても、いつ死が訪れるかわかりません。また、事故や天災などで突然命を奪われることもあり、心の準備も何もできていない状態で葬儀を執り行わなければならないこともあります。悲しみにくれている暇もなく、業者との事前打ち合わせもそこそこにバタバタしているうちに事が進んでしまいます。家族だけで見送る家族葬や密葬であれば、あまり気を遣う必要はありませんが、故人と古くから親交のある方々に、お別れをしてもらうためのセレモニーを行うのであれば、参列者に失礼のないように配慮しなくてはなりません。

それでは、葬儀を主宰する側としてどんなことに気をつけなくてはならないのでしょうか。まず、通夜や葬儀、会食や香典返しなど儀式に関する全てのことを取り仕切ってもらう業者を選定しなくてはなりません。また、通夜や葬儀を行うための会場選びも必要です。宗派、葬儀の形式、参列者の人数などによって幅広い選択肢のなかから選ばなければなりません。時間が限られているため、さまざまなアドバイスとともに良心的な料金プランを提示してくれる業者を選ぶことが、重要な条件となるでしょう。故人を弔うための儀式をつつがなく終えることができるように、事前にできることはしておいた方が安心です。

セレモニーを行う会場には、自宅や宗教施設などさまざまなタイプがあり、それぞれに特徴があります。また、セレモニーを依頼する業者にもさまざまな種類があります。現代では、死を迎えるための準備として終活が一般的なものとなりつつありますが、その前に自分が喪主となることを考えて、さまざまな知識を習得しておくことが大切です。事前知識があれば突然の不幸が訪れても、慌てふためくことはないでしょう。特に葬儀場や業者の特徴や選び方については事前によく調べておきましょう。

最新ニュース