費用を安く抑えられる葬儀場

昔は自宅で葬儀を行うのが当たり前でした。会場借用のための費用をカットできるという面もありますが、故人が長年暮らした愛着の深い自宅で送り出したいという、家族の強い願いがこめられていたためでもあります。

現代では減少傾向にあるものの、地方によってはまだ自宅葬が当然のものとして受け入られています。故人と親しい人に葬儀の案内をする場合も、会場がわかりやすく、時間に制限されることなく訪れることができるというメリットもあります。しかし会葬者が多い場合には、それなりのスペースが必要となるため、失礼がないように会場を借りた方がいい場合もあるでしょう。

葬儀費用を安く抑えたいのであれば、公営や自治体や地域の施設を借りるという方法もあります。公営式場は自治体などが管理している公共施設であり、自治体に居住する人の便宜を図るためにつくられているものです。公営式場のなかには火葬施設を併設しているものもあり、そういった施設は移動の必要がないため、高齢者などの会葬者がいる際には負担を軽減することができます。自治体が管轄する地域に居住していれば、会場を借用するための費用をかなり抑えることができます。しかし、比較的数が少なく空きがなかなかないこと、施設設備が不十分であることなどのデメリットもあります。