いい葬儀場や葬祭業者の選び方

葬儀は執り行う場所や規模、予算や内容、日程などによってどんな会場を選ぶかが決まってきます。全ての条件を満たすことは難しいこともあるため、何を優先するかということをあらかじめ明確にしておくことが必要です。例えば、故人が社会的にある程度責任のある立場にあり、仕事上のつきあいが多い場合は、会葬者の数が多くなるため民営の収容人数の多い会場を選んだ方がいいでしょう。また、故人の遺志や個性を尊重して自由な形式で行いたい場合は、音楽をかけたり、映像を上映したりできる設備が整っているかなども選ぶ条件となります。

最近ではネットで格安の葬儀業者を検索することもできるため、数あるなかから一社を選ぶのはなかなか大変です。新しいサービスも続々と登場しているため、歴史ある大手の葬儀業者だからという理由だけで選ぶのはおすすめできません。葬儀業者の格付機関による評価や、国際規格の取得状況なども業者選定の条件として考えられます。葬祭ディレクターの数やサービスの内容も重要になってきます。

また、どんなにサービスが充実していても費用が高すぎては利用できないので、できれば何社かに見積もりを提出してもらって選ぶのもひとつの方法です。その際には、葬儀の見積もりに何が含まれていて、何がオプションとなるのかも確認しておくことが重要です。