成長が目覚ましい民間葬儀社

特別な資格や許可証を必要としない葬祭業は、専門スタッフの質の高いサービスを目玉とする民間葬儀社のほか、積立金が大きな特徴となる互助会、組合員を対象としたJAや生協など主に3つのタイプに分けることができます。

葬儀業者は、通夜や葬儀の儀式を取り仕切るだけでなく、当日の流れの確認や僧侶への依頼、仕出しや料理、霊柩車の手配から香典返しの準備など、多岐にわたる仕事を滞ることなく効率的に進めなければなりません。葬儀をトータルで演出する立場となり、最近では技術や経験のあるスタッフが葬祭ディレクターなどの資格を有していることも少なくありません。通夜や当日に関わる発注では即日支払いが必要となるものも多くありますが、葬儀業者は費用を立て替えたうえで後日請求するという流れが一般的であり、喪主をはじめとする家族の負担を軽減してくれます。

葬儀業者は、豊富な経験と知識から、故人が亡くなったその時から効率的で懇切丁寧なサービスを提供しており、心痛のために通常の思考ができなくなっている家族を力強くサポートしてくれます。最近では、故人の遺志を第一に考えた特別なセレモニーにも力を入れているところが多く、家族や会葬者から高い満足度を得ています。