宗派やサービスの違いで選ぶ葬儀場

葬儀に関するさまざまなことを決める際には、宗派のことを考える必要があります。浄土宗や浄土真宗、曹洞宗や臨済宗、キリスト教など、さまざまな宗派があり、それによって葬儀の流れや作法が異なるからです。独特な斎場が必要となる場合もあり、お寺や教会など宗教施設を会場として葬儀が行われることもあります。

寺院で執り行う場合は檀家であること、信者として登録していることなど、さまざまな条件を満たした上で宗教の施設を使用することができます。費用は無料の場合もあり、一般的な会場借用費よりも安くなる事が多いのもメリットと言えるでしょう。しかし施設が限定される分、空きがないことがあることも考えておく必要があります。

葬儀場のなかでも最も利用されているものとして民営の式場があります。葬儀社が自社で保有しているもので、さまざまなタイプがあります。一般的には、特定の宗教に対応したもの、火葬場が併設されているもの、会葬者の人数によって会場規模が選べるものなどがあります。最近ではペット葬や音楽葬、生前葬などさまざまなタイプに合わせた式場も増えています。民営式場は、立地条件や設備の面で充実しているため、会葬者にとっては利便性が高い面がありますが、その分費用が割高になる傾向があります。葬祭ディレクターなど専門の資格を有するスタッフがいるところもあり、そういった施設はきめ細かいサービスが魅力となっています。